title_addinfo1

保険ブローカーを利用するメリット

具体的に電子レンジを購入する場合を例にとって、保険ブローカーの役割とメリットを考えてみましょう。

insbroker1"

初めに、今まで使っていたD社の直販店に行って、欲しい商品について相談してみると・・・


insbroker2"

insbroker3"

次は家電の量販店NNI電器に来てみました。初めてですが、売り場の店員さんに自分が欲しい商品について相談してみました。すると・・・


insbroker4"

機械オンチな私でも「こんなのが欲しい」と相談しただけで、たくさんのメーカーのいろいろな商品の中から自分が欲しいと思っていたもの、不要なものを付けずにその分割安なものを紹介してもらえるというのはとてもありがたいし便利です。

電子レンジの購入を例にとってみましたが、ここでの直販店というのが保険会社で直接加入または代理店で加入する場合で、量販店というのがブローカー経由での加入する場合ということになります。保険会社の場合も当然他社の商品を紹介することはできないので、相談した要望に合ったものがなくても、自社の商品を薦めるしかないのです。

保険ブローカーの役割

保険に加入する場合、加入するに当たっていろいろな要望を聞き、それに応えられるような商品を探し選んで提供するのが保険ブローカーの主な役割です。一般的な加入者の場合、保険の商品内容を聞いてもチンプンカンプンで理解できていない場合がほとんどで、その為に保険会社側の言いなりに契約をしてしまいがちになります。保険に関するあらゆる知識や経験が豊富な保険ブローカーが加入する側に立って保険会社と交渉することで、加入者が不要なものを減らし、その分安い価格での商品購入を実現できるのです。

<1> 保険加入者に代わって保険の内容等の詳細について、保険会社(もしくは保険代理店)と対等に保険加入者に代わって交渉します

<2> 保険ブローカーとはお客様のコンサルタントです

<3> 保険業務のアウトソーシング的役割をはたします

servicebiz1
serviceper1
seminar1
seminar2
add_info2
sバナー110
ページのトップへ戻る