一般医療保険へのご加入

この保険は、長期滞在の日本人とそのご家族におすすめする医療保険です。

長期滞在の日本人にとっての海外旅行傷害保険の問題点

現在多くの日本人にご利用いただいている海外旅行傷害は、3~5年で帰国される駐在員の方が、医療補償を得るために活用してきたもので、近年長期で居住される方が増えるに伴い必要なときに保険金が請求できないといった問題が多く見受けられるようになってきました。

① 180日ルール

海外旅行傷害保険はあくまで日本を離れ、旅行中におきた突発的な医療費をカバーするためのものです。1つのけが・病気につき、初診日から180日しかカバーされない点で、高血圧や、糖尿病など、長期にわたる治療がみこまれる病気や、初診日から180日経過した後に手術が必要となった場合など、本当に必要な時に保険金請求ができないといった問題がでてきております。

② 既往症はどの保険でもカバーされない

既往症の病気に関しては、どの医療保険でもカバーができません。従って、今後長期の治療が見込まれる病気にかかり、海外旅行傷害保険から一般の医療保険に切り替えることを考慮されても、すでにカバーできなくなってしまい、時間を負うごとに補償できる範囲が狭まってきてしまいます。

③ 経費の安定化が図れない

海外旅行傷害保険は、保険期間中に支払われた保険金が、次年度の保険料に反映されます。従って、保険料は被保険者ごとに毎年の損害率をもとに再計算されるため、毎年保険料がいくらかかるのかはその年の保険契約更改時になって初めて知ることになってしまい、毎年の経費の安定化が図りづらいと言えるでしょう。

実際の事例

ヘルニア

ヘルニアと診断された際、すぐには手術の必要はないと医者から言われた。しかしそれから2年後、ヘルニアの症状がひどくなり、手術にまで至った。診断されてから180日後までの検査費用は補償されたものの、手術でかかった合計で約HK$17万(日本円で約240万円)が自己負担となってしまった。。

子宮筋腫

検査を受けた後、子宮筋腫にかかっていることが判明し、さまざまな精密検査や、医薬療法等で治療。しかし有効な効果は得られず、初診日から3年後、ついに手術を受けざるをえなくなった。手術費用は自己負担となった。

ぜんそく

香港に来てから自分の子供がぜんそくにかかった。現在も診察や、薬の服用を定期的に行っている。もう3年が過ぎたが、やはり治っていない。最初の180日を越えてかかった治療費は全て自己負担で払っている。

糖尿病

香港で独立してのちに糖尿病にわずらった。長期に及ぶ定期的な治療、薬の服用が必要とされた。そのため新たに香港内での医療保険加入を考えたが、すでにある病気は既往症であるため、カバーができないと言われた。

NNI香港のおススメする保険

上記の問題点を全てクリアした、長期滞在の日本人に最適の医療保険が登場しました。これは180日という制限もなく、100歳になるまで更改契約が可能な保険です。

入院補償

最高額が500万香港ドル/250万香港ドルまで補償可能の保険です。自己負担額を保険期間ごとに5,000香港ドルもしくは10,000香港ドルから選ぶと最高で20%の保険料が割引されます。

オプション補償

さらに以下のオプション補償を付加することができます。オプションを付加する場合は各々追加保険料がかかります。

  • 問診費用
  • 妊娠補償
  • 歯科補償

枠外サービス

  • 24時間緊急支援サービス・・・限度額なし
  • 入院費用キャッシュレスサービス(香港内に限ります)
  • AXAの医療カード発行

※注: 海外補償は香港を離れて1回の旅行につき継続で90日間までカバーされます

引受保険会社

AXA GENERAL INSURANCE

商品名 Smart Care Optimum

主な免責事項の概要

  • 既往症
  • 薬物やアルコール中毒
  • 自殺及び自殺行為
  • 美容及び整形手術
  • 妊娠、分娩、避妊及び不妊症治療
  • 先天性疾病
  • 性病、エイズ、及びその他の併発症
  • 健康診断、療養
  • 専門的、危険度の高い運動(ピッケル、アイゼン等登山用具を使用する山岳登山、ハンググライダー等)
  • 戦争及びそれに類似する戦争行為、ストライキ、暴動、民事騒乱等
seminar1
seminar2
add_info1
add_info2
dlbnr
sバナー110
ページのトップへ戻る